• 【銀座店】0120-874-432
  • 【梅田店】0120-454-902
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 24時間受付 無料カウンセリング予約
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 24時間受付 無料カウンセリング予約

リンパ浮腫治療・美容外科 KunoクリニックHOME > むくみの施術

むくみの施術 〜太っている原因は『むくみ』だった〜

リンパ浮腫
リンパとはリンパ浮腫とは診断ステージ別治療法
最新治療当院の特徴症例写真診療の流れ
脂肪性浮腫(セルライト)
脂肪性浮腫とは脂肪性浮腫になるまで肥満との違い正常な皮下脂肪組織との比較
ステージ別治療法発症しやすい部位症例写真根治療法と当院の特徴

リンパ浮腫 脂肪吸引症例
(スウェーデン「LIPOSUCTION AS A TREATMENT FOR LYMPHOEDEMA」文献より引用)








  

  


分類

一次性リンパ浮腫

・先天性(生まれつき)
・早発性(35歳以前に発症)
・遅発性(35歳以降に発症)
・特殊なリンパ浮腫
 ・Klippel-Trenaunay-Weber症候群
 ・Nonne-Milroy-Meige病

二次性リンパ浮腫

・リンパ節の外科的切除後(乳癌・子宮癌など)
・外傷や四肢の手術後
・リンパ管炎(白癬菌や表在菌による蜂窩織炎)

特徴

・片側性の無痛性腫脹
・庄痕が徐々に残りにくくなります
・静脈瘤や潰瘍などは見られません
・蜂窩織炎を反復しやすくなります
・多毛、皮膚の乾燥が著明です

保存的治療

リンパドレナージ

(用手的リンパドレナージ(MLD)・シンプルリンパドレナージ・間欠的空気圧迫法)

弾性包帯:バンデージ法

弾性着衣(スリーブ・ストッキング)

運動療法

スキンケア

薬物治療

利尿剤

・NSAIDs、コルチコステロイド、女性ホルモンまたは黄体ホルモンの使用によりリンパ浮腫が悪化している場合
・明らかに心不全が併発している場合
・明らかな静脈還流障害による場合

漢方薬内服

西洋ハーブ

外科的治療(従来)

リンパ管新生法(絹糸埋没法) (Handrey法 1908年)

ドレナージ術

皮膚切除・植皮術 (Charles法,Kondoleon法 1912年 Sistrunk法 1918年 Homan法 1936年)

リンパ系再建術

・筋膜有窓術(Kondoleon法 1912年)、筋膜弁筋内挿入術(Thompson法 1962年)
・真皮弁埋没法(Gillies&Fraser法 1935年 Thompson法 1967・1970年)
・大網移行術(Kinmonth法 1956年  Goldsmith 1967年  De Los Santos 1967年)
・腸管弁移行術(Kinmonth法 1978年)
・筋皮弁移行術(Medgyesi 1983年)
・リンパ管動静脈シャント術(Pho 1989)
・リンパ管静脈弁移行術(Ho 1988)
・島状鼠径皮弁(脂肪筋膜弁)移行術

リンパ管吻合術

・リンパ節-静脈吻合術(Nielubowicz 1966年)
・リンパ管静脈吻合(山田 1965年)
・古典的リンパ管静脈吻合術(Degni法 1974年)

pageTop